2017年11月4日土曜日

格ゲー初心者から始めるギルティギア 遠距離中距離の立ち回り(牽制)

格ゲー初心者から始めるギルティギア 遠距離中距離の立ち回り(牽制)

目次はコチラ

牽制とは

「相手の行動を制限しようとする攻撃」です。

ソルの近距離性能は高いため、よっぽどのことが無い限り相手は接近を妨害してきます。
近づけないように、ソルの射程外から攻撃をしてきます。
これが 「牽制」 です。

ただ走って近づくだけでは、牽制だけで封殺されてしまいます。
(前に出ようとしている時はガードができないため)

牽制の種類

牽制を対策するために、まずは牽制の種類を紹介致します。

牽制は3種類あります。

  • 差し込み(もしくは差し)
  • 置き
  • 差し返し
相手に近づいて殴るのが 「差し込み」です。
差し込みを潰すには 「置き」を使います。
置きを潰すには 「差し返し」を使います。

まずは分かりやすい差し込みから解説します。
差し返しは、残念ながら初心者には非常に難しい要素です。
当ブログでは、差し返しの代わりに後で「飛び」を解説します。

差し込みとは

「前に出て、待っている相手を先に殴る」のが差し込みです。
これをいかに通して近づくかが、ソルの地上戦の肝です。
ソルの主要差し込み技を順番に紹介していきます。

ダッシュ2D

2Dは低姿勢で攻撃できるため、相手の牽制を避けながら攻撃できます。

(レシピ)2D > BR

2Dは足元を攻撃する牽制技には負けてしまいます。
そういった攻撃には、ソルの5HSが有効です。

5HS

足元狙いの攻撃を潰しやすいです。
(距離調整をミスると食らいますが)

5HSがしゃがみ状態の相手にCHするとBBが繋がります。
(一部キャラ除く)
※立ち状態でCHすると、5HS>空ダJS>JHSが繋がります

相手の食らい方を見てから判断するのは難しいです。
上記目的で5HSを振ったら、最初はとりあえずBBを入れ込んじゃいましょう。

(レシピ)5HS(CH)>BB>ダッシュ5K>2HS>jc>JS>JS>JD>空中BR〆

GV

ハイリスクミドルリターンを体現した技です。
2Dと同じで、低姿勢で牽制を避けられます。
(足元狙いの攻撃には止められます)

2Dと同じように、GV潰しを狙ってくる相手には5HSをぶつけましょう。

GVは外すと大ダメージをもらいます。
しかし「多少距離が離れていても差し込める」点では2Dよりも優秀です。

遠Sに関して

遠Sは攻撃が出るのが早めで、2Dより射程が長いです。

  • (2Dと同じくらい早い)
  • 2Dより射程が長い

技を振った後の動けない時間が長いという欠点がありますが、 とりあえず触って何かしたいという時には役立ちます。

遠Sの後は5HSやGF、2Sにキャンセルします。というのも、遠Sで終わってしまうと動けない時間が大きいからです。遠Sで終わってしまうくらいなら、2Sにキャンセルして空振りした方がマシなくらいです。

差し込みの対策

「置き」か「飛び」になります。先に置きから紹介致します。
飛びは次の章で解説します。

「置き」とは

「相手が寄ってきた瞬間を狙って当てる攻撃」を置きと言います。
「届かないから近づいて殴ってやる!」
そうやって近づいてきた相手を先に殴るのが置きです。

置きに成功すると、こんな当たり方になります。

  • 置く側
    • 攻撃が空振りしそうな距離で攻撃を置いてみる
  • 置かれる側
    • 届かないので前に出ようとする > 射程内に入ったので攻撃しようとする > 置いてある攻撃で潰される

「置き」に使う技

判定の強い技を使うのがセオリーです(例外もありますが)判定の強さは、かち合った時に勝ちやすいかで決まります。

置きGF

攻撃が出るまでが遅いものの、噛み合ってCHしたら大ダメージが期待できる置きです。

カイ側が遠Sを振るために走ってきたところに、置きGFを当てた例

(レシピ)置きGFCH>ダッシュ5K>2HS>jc>JS>jc>JS>JD>空中BR〆

置き5HS

足元狙いの攻撃に強めの置きです。

カイ側が2Sを振るために走ってきたところに、置き5HSを当てた例

(レシピ)置き5HSCH>BB>ダッシュ5K>2HS>jc>JS>jc>JS>JD>空中BR〆

※5HSCH>BBは、相手がしゃがみくらいの時だけ繋がります。 立ちくらいの時は5HSCH>空ダJS>JHS>からコンボにいけますが、 確認が難しいです。最初は5HSを置く時はBBまで入れ込んじゃっていい想定です。

5HSで射程が足りないと感じた時は、6HSを使ってください。

置き2D

差し込みの時と同じで、相手の攻撃を避けながら置きたい時に使います。

慣れてくると、2D>GFの間にCHを確認して赤RCからコンボできたりもしますが、 初心者のうちは練習しなくても大丈夫な想定です。

(レシピ) 2DCH>GF>(GFが当たる前に)ダッシュ遠S>BB>GFヒット>BBヒット>ダッシュ5K>2HS>jc>JS>jc>JS>JHS>空中BR〆

その他の置き

慣れてくると

  • 6P
  • HSVV

等も使っていけます。これらは射程の面では厳しい技ですが、判定の仕組みを理解して使えば、強力な置きとして使えます。一応先に紹介だけしておきますが、詳細の解説は、後述の下記章を参照してください。

  • 判定の基礎知識
  • 強判定を置く

(レシピ)6P(CH)>ディレイBB>ファフ>GV

(レシピ)HSVV(2HIT目CH)>ファフ>ダッシュ6P>ディレイ5HS>jc>JD>空中BR〆

「置き」の対策

ソルが差し込みを仕掛けるなら、相手は置きを狙ってくるはずです。

「差し返し」か「飛び」で対抗します。

一応貼るだけ貼っときますが、差し返しとは「相手の置きを空振りさせたとこを殴る」攻撃です。

このように、「空振りさせたところを殴る」というのが置きの対策になります。

  • 空振りさせて差し返し
  • 空振りさせてから走って差し込み

ただ、これは初心者には難しいです。
簡単な「飛び」で対処する方から始めてみましょう。

牽制のまとめ

  • 牽制には3種類の要素「差し込み」「置き」「差し返し」があります
  • ソルが地上から近づいて攻めるのは「差し込み」です
  • 差し込みにはダッシュ2D、5HS、GV、遠Sを使います
  • 2D、GVが通じない時は5HSで潰します
  • 相手の接近を防ぎたい時は「置き」を使います
  • ソルを追い払うために相手は「置き」を使ってきます
  • 「飛び」で相手の牽制を狩りましょう

目次はコチラ

2 件のコメント:

ponpoko さんのコメント...

初めまして。
Xrd:SIGNから格闘ゲームを初めて今でもちょこちょこ続けている青段初級者です

カイの使い方の記事や初心者向けの記事などを参考にさせてもらって、
お陰様でギルティを楽しむ助けになってます。
今日はお礼を言いたくてコメントさせてもらいました。ありがとうございますm(_ _)m

tenteki さんのコメント...

ponpokoさん

コメントありがとうございます。
このようなコメントをいただける日が来るとは思っていなかったので光栄です。

現状rev2の内容が反映しきれていなかったり、
文書間の整合性が取れていない状態で申し訳ないです。

いつ直せるかは未定ですが、次Verのギルティでも引き続き記事を更新していきたいと思います。

以上です。